【初心者向け】シムズ4の為のパソコンの選び方

PC版Sims4をプレイする為にパソコンを購入する予定の方への解説です。
超初心者向きに、選ぶ前に頭に入れておいたほうが良いことをザックリと説明させていただきます。
具体的なPCについてはこちらの別ページでご紹介しているので、このページは解説のみです。

市販のパソコンの種類

まず、一般に購入できるPCは大きく2種類あります。
「大手有名メーカー製」と「BTOパソコン」です。

大手有名メーカー製というのは、SONYやNEC、Appleなど、家電などの大手有名メーカーが市販しているパソコンのことです。家電量販店などに行けば買うことができます。ビックカメラなどのお店ですね。
もちろんamazonなどのネット通販でも購入できます。

一方のBTOパソコンというのは、「Build To Order」、つまり受注生産のパソコンのことです。注文の際に、ある程度のカスタマイズが可能なのが最大の特長です。
初心者の方は「カスタマイズしてオーダーメイドなんて、値段高いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、むしろ逆で大手メーカーの既製品より安いです。パソコンというのは、1つ1つの部品は精密機械ですが、それを組み合わせて1つのパソコンにする作業は割と単純なので、大きな完成品をお店の倉庫に在庫として持っておくよりも、注文受けてから組み立てて宅配するほうが安上がりなんです。
このBTOパソコンを販売しているのは、中小規模のBTO専門パソコンメーカーか、パソコンショップです。ショップブランドというやつですね。

どちらがご自分に向いているか、下記を読んで検討してみてください。

大手有名メーカー製

メリット :
  • お店に行って買ってすぐに持ち帰ってこれる
  • 初心者向けサポートが手厚い。オプション料金を払えば、業者の人がパソコンをダンボールから出してインターネット接続してすぐに使える状態までセッティングしてくれるサービスなどがある
デメリット :
  • 値段が高い
  • 初心者向けのサービスやソフトウェアなどが頼んでいないのに最初からごちゃごちゃと入っていて余計に分かりづらいことが多い

BTOパソコン

メリット :
  • 安い
  • カスタマイズが可能なので、ソフトもハードも欲しいものだけ入れて、不要なものは入っていないシンプルなパソコンを入手できる
  • 最新型の高性能なPCパーツを組み込んだPCを発注できる
デメリット :
  • 受注生産なので注文してから届くまで日数がかかる。(ショップブランドであれば、人気のタイプなら店で完成品が買える可能性もある)
  • 大手ほどサポートは手厚くない。例えば電話サポートがあっても平日昼間のみなど
  • 初心者向けサポートはあったとしてもかなり高額な別オプションであることが多い

なお、この有名メーカー製とBTOの中間くらいに位置するメーカーも存在します。HP(ヒューレット・パッカード。世界シェア1位のパソコンメーカー。本社米国)や、Dell(デル。世界シェア2位。本社米国)といった、BTOパソコンを販売する世界規模の大手パソコンメーカーです。
価格やサービスなどの面で、日本の大手家電メーカー製と国内BTOのちょうど中間くらいにあたります。なお、どちらも国内に日本法人があるので、外資系だから不便ということはありません。


つまり、手っ取り早くまとめると。
  • とにかく安くなるべく高性能のPCが欲しい →BTO
  • お金はいくらでも出すから、いま世の中にある最新最高性能のPCパーツを組み込んだPCが欲しい →BTO
  • カスタマイズとか考えるの面倒。少し高くてもいいから全部お任せで買いたい →日本の大手メーカー製
  • できれば安いほうがいいけど、全然知らない小さいお店のパソコンはちょっと不安かも… →HPかDell
こんなところかと思います。

Simsシリーズ用のPC選び

officeやパワポが使えればOKなビジネス用などと比べて、一般的にゲーム用のPCは高い性能が必要になります。
たいていのメーカーでは「ゲーミングPC」などの名称でゲーム向けPCがラインナップされています。
基本的にはそういった中から選ぶのが確実なのですが、しかしシムズシリーズならではの選び方のポイントがあるのでご注意ください。
それは、グラフィックボードはさほど高性能のものは必要ない、ということです。
一般に高性能PCを求めるゲーマーは、FPSなどのコンマ1秒を争うようなゲームをプレイしていることが多く、最新版のグラフィックボード(略してグラボ。またグラフィックカードとも呼ばれる)はそういうゲームには威力を発揮します。なので市販のゲーミングPCは最新モデルのグラボを搭載していることが多いです。
しかしシムズのようなシミュレーションゲームには最新モデルなどほぼ無用の長物で、一昔前のグラボの入ったPCと比べてほぼ差がないくらいです。

従って、既製品のゲーミングPCよりも、BTOでグラボは少し古くて安いモデルを選択して、浮いた予算をメモリやCPUに回したほうが、よりシムズに適したPCを安く購入することが可能です。

それともう1つ。シムズはオフラインでプレイ可能なゲームですが、購入して最初にネット接続して認証の必要があります。また、新しいパッチをときどきダウンロードする必要もあるので、ネット接続は必須です。


このブログ著者本人のPC

ご参考までに私のPCについて最後に書いておきますね。
現在のPCのスペックはabout meのページの下のほうをご参照ください。

メーカーは、Sims2をプレイしていたころはDellでした。
その後の買い替えの際は、ネットショップのBTOパソコンが日本でも普及しはじめたころでかなり他と比べて安かったので、ショップブランドのBTOパソコンを購入しました。
2018年末にPCがクラッシュして慌てていろいろなメーカーを比較したのですが、最近は大手のBTOもだいぶ安くなっていたのでまたDellに戻って現在に至ります。

Comments

Popular Posts

【初心者向け】メーカー別シムズ4がプレイできるパソコン - 2019年7月

Joggers 01

Moles 01